ほうれい線に効くクリームを選ぶときのポイント

ほうれい線はコラーゲン不足が原因です。
ほうれい線は、真皮層にあるコラーゲンが、不足していることが原因です。年齢を重ねるごとに、コラーゲン生成力が減退し、肌内部のコラーゲン量がどんどん減っていきます。コラーゲンは、肌のハリや弾力の役割をしています。ハリを失うと、肌がスカスカになり、しわやほうれい線を作ってしまう原因となります。まずは、肌内部のコラーゲンを増やす成分が、配合されているクリームなどを選びましょう。

コラーゲンは、紫外線や乾燥など、外的刺激によって破壊され、減少していきます。そとからの刺激をなるべく受けないようにしていきましょう。とはいっても、まったくダメージを受けない環境を作ることはできません。ダメージを浴びてしまったら、肌に起こる炎症抑えたり、コラーゲンを修復してくれる成分配合の基礎化粧品を選びましょう。

肌の水分量が不足すると、ほうれい線が深くなります。十分に、肌の水分量を保つことが大事です。それには、浸透率が高く、保湿力のある化粧水や美容液、クリームなどを選ぶ必要があります。長時間、保湿をキープしてくれるものがおすすめです。